一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
 

今日7月10日はcookieの12歳の誕生日。
cookieは12歳の誕生日をむかえる前に天国に旅立ってしまいました。


いたずら好きでやんちゃでさびしがりやで甘えん坊のcookie
本当に子供のように想っていたので
私の中では存在が大きく時間が止まってしまったかのように
心の穴がぽっかりとあいてしまいました。




2000年9月
家族の間でいろんな問題があり
私の心はズタズタで前を向くことができなかった日々が続く。
家にいるのが嫌でペットショップによく覗きに行っていました。
そんな時cookieに出会い、私は本当に救われたのです。






cookieがおうちに来たばかりの頃
まだ2ヶ月の赤ちゃん
あどけない顔がついこないだのことのよう。。。







2012年1月4日(水) 
今年になってから夜、咳をするので病院に行きレントゲン検査
炎症を起こしているとのことで咳止めの薬をもらう。


1月22日(日)
再診
薬で少し咳が止まったかのように思われた。


2月4日(土)
食欲がない。
アメリカンコッカースパニエルの男の子の平均体重は11kg〜13kg
前回のcookieの体重は12.8kg
2週間で体重が1.5kgも少なくなってしまい11kgちょっとに。
何か原因があるのでは。。。
とレントゲン検査,血液検査、超音波検査、生化学検査、電解質検査、点滴...etc
いろんな検査を受ける。

「肺炎と膵炎の疑い。」
cookieの症状は咳の他に寒さとは違う震えが時々あった。



2月10日(金)
入院
まったく食べることができない。
病院で缶詰をもらいほんの少し食べたが一日の摂取量にはほど遠いため
チューブをつけることを提案される。
首に穴を開ける手術となった。

外部検査の結果、「慢性膵炎」とわかる。
それ以外に「慢性肺炎」と診断される。


2月18日(土)
退院
この日から家でドライフードをミキサーで水状にし
一日6回位にわけてチューブからごはんをあげる。
何度も吐いたりして、味もない食事だったけどcookieは頑張りました。




3月3日(土)
再診
大学病院でCT検査をした方がいいか、どうしますか?と言われ
予約を入れたが1ヶ月先まで予約がいっぱいでとれなかった。


3月11日(日)
あまり改善が見られず病院を変える。

肺炎に関して重傷ですと伝えらた。
血液検査の結果では炎症、腎臓や肝臓、貧血などほとんどの機能が低下
数値はどれも悪く、いったい何がどう悪くなってしまったのかわからなかった。



この日から毎日病院へ半日入院となる。
朝は妹に連れて行ってもらい、会社が終わってから私が迎えに行く。
迎えに行くとcookieはいつもしっぽをたくさん振って喜んでくれました。






キャリーバッグを「観光バス」と名付け
病院行く=嫌なところではなく楽しいと思うようそう呼んでました。
「観光バス出発するよー。」と言うと最初は嫌がっていたけれど
だんだんとしっぽを振って出かけられるようになりました。

頭を全部入れるのは嫌がったので
顔をいつも出していて通りすがりの人に2度見されることもしばしば。。



病院では毎日点滴と検査とネブライザーという霧状のものを吸入
外部検査での膵炎の結果は前回別の病院の結果より悪かったけど
抗生物質の薬で慢性膵炎は一週間後には正常の数値にもどり少しホッとした。

慢性肺炎、気管支炎はあまり良くなってきていなかったが
cookieは病院の中ではいろんなワンちゃんや猫ちゃんがいて楽しそうにしていました。
先生やスタッフの方もたくさんいて
若い女の人がいっぱいいて嬉しいでしょ?とcookieに聞くと
「嬉しいよ!」としっぽで返事をしていました。





4月に入りだいぶ口からモノが食べれるようになってきたので
通院を週3日になる。
ドライフードは少しだけしか食べれなかったけど、茹でたささみは大好きだった。
そろそろチューブも外しましょうね。と言われたばかりだった。


4月5日(木)
朝、咳こんだ勢いでチューブが喉からでてきてしまい
cookieも私もパニックになる。
急いで病院に行きチューブをはずしてもらう。





チューブをしている頃
ベッドからこちらの様子を伺ったり、いたずら心もあり元気だった。



チューブが外れたらまた別の問題が発生。
薬を口にしたとたん薬だけ飲まず出してしまう。

それまではすり鉢で薬を粉状にし水でといだものをチューブに入れていたので
すんなり薬を与えることができた。
ごはんにも薬が混ざっているのではないかと疑いはじめてあまり食べない。
缶詰など小さく団子状にしても駄目、薬を粉状にしても駄目だった。

先生に相談したところ
コンデンスミルクに混ぜてあげることに。。
これは大成功。
舌をベロベロしてよほど美味しかったよう。。







5月から週2回の通院になる
食欲はあるものの体重が減っていくのがとても気になってました。
今年になり12.8kgだったcookieの体重が8kgしかなくなってしまったのです。

この頃、目ヤニが出始める。
水を飲んだあと何か喉に使えているような今までの咳とは違うむせるような咳をする。

気管支炎について
気管支が狭くなっているのでそれを広げる手術方法もあるが
体重が減っているため体力がもたないので
麻酔をかけるのは今の状態では危険。
たくさん食べて体重を10kg位にはもどしていきましょうね。と先生から。

この頃一日300g食べていたのでかなり食欲はあったが
体重は一向に増えなかった。



5月19日(土)
先生からようやくOKがでてトリミングへ
シャンプーしている時とっても気持ち良さそうでしたよ。とお話して下さいました。




(寝ながらササミを食べているところです)
真っ黒でなかなかトリミングに行けなかったけどきれいになりました。



レントゲンの結果では少しずつ良くなってきていたので
6月から週1回の通院になる。
このころ、おもらしやおねしょをするようになる。


6月1日(金)
前日まで食欲があったのにこの日はほとんど食べれない。
どうして?

点滴をしてもらい、少し食欲がもどる。


6月6日(水)23:30
お水を飲んだあと吐く。
咳も苦しそう。
体をなでて、落ち着かせる。
しっぽをなぜかたくさん振っているcookie
「疲れちゃうからしっぽ振らなくていいよ。」と言うとしっぽは止まった。
 
落ち着いたのでその日の夜は寝ることになった。


6月7日(木)2:30頃
突然、大きな声をあげ、喉につまるような激しい咳をひとつして口を開けたあと
cookieはそのまま動かなくなってしまいました。





毎日毎日、神様に早くcookieの病気が治りますように。。と
お願いしていたのにその願いは叶えられなかった。
良くなったらcookieの大好きなお散歩行こうねって。

もうすこし、あともうすこしだけ一緒にいてほしかった。

今家に帰るとしっぽを振って迎えにきてくれるcookieがいなくて
すごくさみしいよ。


cookieは幸せだった?
私はcookieがうちの子になって一緒に過ごしてくれた時間
本当にとっても幸せだったよ。
嫌なコトがあった時でもcookieがいてくれたから
毎日楽しかったよ。

cookie いっぱい、いっぱいありがとう。










P.S しばらくブログをお休みをしており、皆様にご心配をおかけしました。
毎日cookieのことを思い出してはウルウルとくることもありますが
大丈夫です。
また明日から制作のコトや日々のコトをアップしていきますね。










| cookie | - | - | posted by little-a-lily -
 
最近モノ忘れが多いわたし。。
cookieについて書き留めておきたいことがたくさんありますが
今日はちょっぴり。。。


床に置いていたcookieの水飲み用の器
水を飲んだあとむせる様な咳をするcookie
(現在、肺炎と気管支炎で病院に通ってます。)
 
水を飲む時、高さがあるといいよーと
cocoyamuさんからアドバイスをもらい早速やってみました。


家にちょうどいい高さの台がなく洋書で高さ調節。

床から35cmの高さで
位置的にもちょうど良く、むせるような咳も少し減りました。


ありがとー。




おまけ


ペット可賃貸に嬉しい設備
エントランス横に足洗い場があります。
(まだ一度も使ってないんですけどね。。)






| cookie | comments(0) | - | posted by little-a-lily -
 2月になりました。

花粉の季節ももうすぐです(泣)
今年はいつもより少ないらしいですが早く終わるといいなー。

さて最近のcookieの出来事です。

炎症を抑える薬や咳止めの薬などを飲んでもずっと咳が止まらず
夜中に吐いたり、先週はごはんも食べなくなってしまいました。。


あの食いしん坊のcookieがごはんを食べなかったコトは
一度もないので体重が増える事はあっても痩せちゃって元気がありません。
おまけに今はもう治ったけれど10円ハゲ的なものも発生!


2週間前にもレントゲン検査はしたものの
ふたたびレントゲン検査と血液検査、超音波などの検査をしました。

咳をするので炎症は起こしているけれどそれ以外の異常は特に見られなかったのです。
乾燥しているので加湿器があるといいそうです。と先生のアドバイス。


何も食べなかったCookie
病院でごはんを少しだしたらパクパク食べましたよ。と先生

???
家に帰ってから急に何か食べたいと言ってきた。

なぜ??

答えがようやくわかりました。

咳を止めるための薬や炎症を抑える薬や抗生物質など
5個位毎日飲まなくてはならず
薬だけ飲む事ができないCookieは
毎日ごはんに混ぜて食べさせていました。

薬が嫌でごはんも食べなくなっていたのです。
病院でもらったごはんにはもちろん薬など入っていないので
食べたのだとようやくわかりました。
半分あきれてしまったけれど、大事に至らなくホッとしたような。。
とお騒がせなcookieでした。。







| cookie | comments(0) | - | posted by little-a-lily -
 cookieの相棒くまちゃん♪
色が似すぎてcookieなんだかくまちゃんなんだか時々わからない位(笑)

遊び相手になったりくまちゃんは大忙しです。
きょうのお昼寝も枕代わりに使ってるし。。。







続きを読む >>
| cookie | comments(0) | - | posted by little-a-lily -
 
昨日と打って変わって今日は気温が下がり
温暖の差が激しいですね。。
風が冷たくなりました。

cookieもこのところずっと一緒にお布団の上で寝ています。




| cookie | comments(0) | - | posted by little-a-lily -
 cookieの耳が臭くなってきたので
そろそろ動物病院で耳の洗浄をしに行きたいのですが
病院の開いている時間帯だとかなり暑くなっているので行けてません
犬の熱中症も多発しているというニュースもあるので
気温が下がる日を待って連れて行こうと思ってます。



エアコンの部屋の中ウトウトするcookie





| cookie | comments(0) | - | posted by little-a-lily -
 



関東も梅雨があけましたね。
これからが夏本番です!
朝からとても暑いのですが、洗濯機と掃除機をかける時間は
少しの間ですがエアコンを切るため人間もcookieもヘトヘトです。

昨年水漏れがあって新しくエアコンを替えてもらったので
設定温度は28℃でも快適です。
早寝早起きの生活でこの夏乗り切りたいと思います。



話は変わりますが昨日でcookieは11歳になりました♪

春は手術をしたり心配しましたが
今は元気なおじさんをcookieなりに(?)エンジョイしているようです。
ずっと元気でいてね☆







| cookie | comments(0) | - | posted by little-a-lily -
 あまのじゃく体質のcookie
今までずっと「お手!」と何度やっても手をクンクンとするだけで
何もできなかったのに、ここ最近
10歳にしてようやくお手とおかわりができるようになりました(遅っ!)


cookie:「ボク本当はできるんだyo!」

| cookie | comments(0) | - | posted by little-a-lily -
 週末はお天気が良くオデカケ日和でしたね。。。

cookieを連れて抜糸と検査の結果を聞きに動物病院に行ってきました。

9箇所切除した病理検査の結果はすべて良性でした。
9箇所中7箇所は結節性皮脂線過形成で
二次的炎症による肥満細胞浸潤が見られたとのこと。

残り2箇所は違う種類のものでどちらも良性でホッと一安心しました。
ただ結節性皮脂線過形成はまたできやすく良性とは限らないので
継続的に気がついたら早めに対処するのがいいとのことでした。

ご心配をおかけしました。
cookieは元気です!






| cookie | comments(0) | - | posted by little-a-lily -
 エリザベスカラーをつけたcookie

2〜3ミリ位のイボのような小さなデキモノがあり
先月狂犬病の注射に行った時に簡易検査したところ
肥満細胞腫の可能性が高いということで後日手術で切除しました...

顔、首、お尻、足、脇とできた場所は様々...
原因はわからないけど発症平均年齢は9歳で高齢犬に多いそう。。
cookieも今年の夏で11歳

手術当日の朝ごはんは食べないようにと言われ
食いしん坊のcookieが我慢できるかどうかと思ってましたが
なんとか食べずに病院に行くことができました。

夕方に迎えに行った時、元気で喜んでいたcookieをみて安心しました。
病理検査の結果と抜糸は来週です。








| cookie | comments(0) | - | posted by little-a-lily -